乳酸菌で悪玉菌を退治する

日ごろから腸内環境を整えることは、私たちの健康維持のためにとても大切なことです。

腸内は体に有益な作用をもたらす善玉菌と有害な作用をもたらす悪玉菌、どちらにもつかない日和見菌により成り立っています。

生まれたばかりの赤ちゃんの腸内には、善玉菌が多く存在しますが、離乳期に入りいろいろなものを食べるようになる1歳頃には、善玉菌は半分程度に減少、そして成長ともに成人になる頃には、善玉菌の腸内割合は20%くらいになってしまうのです。

そしてそのかわりに増えてくるのが悪玉菌です。悪玉菌は体に有害と言われていますが具体的にはどんな悪影響があるのでしょう。

悪玉菌の影響とは

悪玉菌が増えると便秘になったりおならが臭くなるというのは、よく知られることですが、実はこれ以外にさらに深刻な問題を招く恐れがあります。悪玉菌は腸内で腐敗を起こしアンモニアやスカトールなどの有害物質や、発がん性物質のフェノールや硫化水素を作り出します。

これらの有害物質などは肝臓で解毒をされますが、大量に増えすぎると肝臓での解毒が間に合わず体の隅々に有害物質が巡ってしまい、生活習慣病などの原因にもつながります。また、肝臓で大量の有害物質を解毒するということは、肝臓自体の負担も大きくなり肝機能の低下にもつなってしまうのです。

このほかにも悪玉菌は腸内をアルカリ性にする性質があります。免疫細胞などはアルカリ性に弱いため、これにより免疫力の低下にもつながってしまうのです。

悪玉菌を撃退するには乳酸菌が一番

このように体にとって恐ろしい悪玉菌の撃退方法は善玉菌を増やすことです。そしてこの善玉菌の代表選手となるのが乳酸菌。善玉菌は悪玉菌とは真逆の働きをして腸内環境を整えます。

ところが、善玉菌は冒頭で説明したように年齢とともに減っていく一方なので、自ら積極的に補う必要があるのです。乳酸菌は、チーズやヨーグルト、キムチやぬか漬けなどからも摂れますし、サプリメントや乳酸菌飲料などでも補給が可能です。

悪玉菌を撃退する乳酸菌を摂るのは、便秘だけでなく肝機能低下や成人病、ガン予防にもつながるので健康な体を維持するためにぜひ積極的に補いたいものです。

コメントは受け付けていません。