地球上の生物が必要とする乳酸菌とは

ヒト以外でも必要な乳酸菌

乳酸菌は糖や乳糖などを分解して乳酸を作り出す菌の総称です。

ヒトの腸や口内、膣内などに存在をしますが、これに限らず地球上のあらゆる生物に存在しています。ヒトの腸内には、さまざまな細菌が存在して、その数約300種類以上です。

そのうちの40種類が乳酸菌となり、腸内環境を守る働きをしています。乳酸菌の代表的なものには、私たちがよく耳にする、ブルガリア菌やヤクルト菌などがあります。

また、ヒトは古くから乳酸菌を食品にも利用してきました。チーズやヨーグルト、味噌やキムチなどの漬物などはすべて乳酸菌による発酵食品です。

乳酸菌を食品に利用することで、腐敗菌の繁殖を抑え保存性を高めたり、乳酸菌により旨みを出したり、健康を増進したりなど多くの利点があり、昔から人々の健康生活を支える食品としても知られています。

乳酸菌の役割とは

乳酸菌は体のさまざまな箇所で働いていますが、なかでも腸内環境を整える作用に関してはとても重要な役割を担っています。

私たちの腸内には、善玉菌と悪玉菌、日和見菌が存在しますが、善玉菌が多いと腸の働きは活発になり健康な腸内環境が整います。ところが、栄養バランスの乱れや不規則な食生活、ストレスなどによって腸内の善玉菌は減少し、悪玉菌が増加をしてしまうのです。

これにより腸の働きが低下をして、便秘や下痢、胃腸炎などを引き起こしてしまいます。ですから、腸内環境を整えるためには善玉菌を増やすことが必要で、この善玉菌の代表選手とも言えるのが、乳酸菌なのです。

乳酸菌を積極的に増やすために

乳酸菌を増殖させ健康な腸内環境に整えるためには、先に説明した乳酸菌発酵によって作られた食品(味噌や醤油、キムチなど)を積極的に食べることが有益とされています。

また、最近では乳酸菌をサプリメントやドリンクなどで補う健康食品がとても多くあるので、こういったものを利用して乳酸菌を補給するのも良いでしょう。

コメントは受け付けていません。