生きていなければ乳酸菌は意味がないの?

ヨーグルトで瓶詰の乳酸菌をとる

私たちの体に有益な効果をもたらす乳酸菌。最近はサプリメントや乳酸飲料など積極的に乳酸菌を補える食品がたくさんあります。

乳酸菌はサプリメントや飲料などで体の中に吸収されると、生菌と死菌のいずれかになります。生菌とは、腸に乳酸菌が生きたまま届く状態、死菌とは腸に届く前に胃酸などで死滅して届く状態のことを指します。

これを聞くと、生菌と死菌ではなんとなく生菌のほうが体に良さそうなイメージがありますが、実は死菌も体にとって良い作用をしてくれることが解明されているのです。

生菌の働き

生きたまま腸に届く乳酸菌は、腸内において乳酸菌そのものとして活躍します。糖分を分解して乳酸を作り悪玉菌を減少させたり、腸のぜん動運動を活性したりする作用があります。

このほか腸内において有害な働きをする悪玉菌の減少にも大きな役割を果たしています。

生菌が増えることで腸内を酸性にするので、酸性を嫌がる悪玉菌の排除につないだり、さらには、悪玉菌は腸内の腸管粘膜上皮を居場所にしていますが、生菌がこの場所を占領し悪玉菌がいる場所をなくすという役割もはたしています。

死菌の働き

では死菌は腸内でどのような働きをするのでしょう?

胃酸や胆のうなどで死んでしまった乳酸菌は、腸にそのまま運ばれると食物繊維と似た働きをします。生菌が死滅させた悪玉菌を死菌によって吸収し、体外に排出する作用があるので腸内が常に清潔な状態を保てます。

また、死菌は生菌のエサにもなるので、腸内で死菌が増えればそれだけ生菌のエサが増えることになり生菌が元気になる仕組みになっています。

このほかにも腸内のパイエル板という免疫組織に働きかけ活性を促すのも死菌の役割となり、これによりさまざまな病原菌を撃退させ病気の予防につながることもわかっています。

このように、たとえ死菌であっても腸内では生菌と同様大切な役割を果たしているのです。

最近では、乳酸菌の死菌についての研究がさらに進められ、腸内環境だけではなく、いろいろなアレルギーや花粉症などに有益な作用があるとも報告をされています。

生菌も死菌もどちらも大切な乳酸菌ですから、バランスよく補いたいものですね。

コメントは受け付けていません。