乳酸菌には動物性と植物性がある

ヨーグルトで乳酸菌をとる

ヒトの体には、さまざまな細菌が存在し、それぞれがさまざまな役割を果たしています。乳酸菌もその一つで、体内の腸や口腔などで乳酸を作り出し悪玉菌などの繁殖を抑え、体にとって有害となるものを排除してくれる作用があるとして知られています。

腸に関していえば、ヒトの腸には300種類以上、100兆個の細菌が存在しますが、このうちの40種類が乳酸菌です。腸内の乳酸菌は、悪玉菌を減少し腸の働きを活性化させる作用があり、これにより、腸内環境が整っています。

乳酸菌がしっかりと作られる腸内では、下痢や便秘をはじめあらゆる腸内トラブルからの回避が可能となります。乳酸菌には植物性と動物性があり、それぞれの作られ方や体への作用も異なるので、両方をバランス良く補うことが大切です。

動物性乳酸菌と植物性乳酸菌

乳製品に含まれる乳糖から乳酸を作り出しているものを動物性乳酸菌といいます。ヨーグルトやチーズなどが代表的なもので、これらの乳製品特有の酸味は乳酸菌によって出されているものです。

一方、野菜や大豆などに含まれるブドウ糖や果糖などから乳酸を作り出しているものを植物性乳酸菌といいます。糠漬けやキムチ、味噌などが代表的なものとして知られています。

それぞれに含まれる乳酸菌の種類はたくさんあり、それぞれの菌が体内でさまざまな作用をして体を守ってくれています。

乳酸菌それぞれの違い

動物性乳酸菌は比較的栄養豊富な環境のもと作られている一方、植物性乳酸菌が作られるのは決して栄養豊富な環境ではありません。

つまり、植物性乳酸菌には過酷な状況でも生き抜く力が備わっているので死滅されにくいのです。ヒトの体内では、さまざまな菌がそれぞれに戦っています。そして戦いに生き抜いた菌だけが体のために作用できるのです。

胃液などは強力な酸性のため、通常の細菌は死滅しやすいのですが、植物性乳酸菌は酸にも強い性質を持っていることから、生きたまま菌を届けられることでも重宝される菌の一種となっています。

このように、過酷な環境においても絶えることなく作用を発揮できることから、動物性乳酸菌同様、近年注目をされているのが植物性乳酸菌なのです。

コメントは受け付けていません。