乳酸菌が歯周病予防になる理由

腸の健康のために乳酸菌が良いというのは、多くのかたが知っていることですが、実は乳酸菌はお口の健康にも有益なのです。現在は40代以上の日本人約80%が歯周病という現状です。そのため、さまざまな歯周病対策がおこなわれていますが、乳酸菌による対策も注目をされています。

歯周病の原因はお口の悪玉菌

体の粘膜が存在する部分には細菌がもれなく生息していますが、腸と同じく口の中にも細菌は存在します。口内には約700~800種類、数にすると数十~数百兆個の細菌が生息しています。

そして、口内も腸内と同じく善玉菌と悪玉菌により成り立っていて、このバランスが乱れることで歯周病などのトラブルが発生してしまう仕組みとなっています。現時点で解明されている歯周病の病原菌は悪玉菌の一種、ジンジバリス菌などによるものです。

このジンジバリス菌は、歯と歯茎の間につまった食べ物などのカス(歯垢)をエサにして増殖を続けます。そして増殖が続くと歯茎を溶かしてしまうのです。ジンジバリス菌は増殖をする最中に硫酸水素やメタンなどの腐敗臭を放ちます。

これが口臭の原因となり歯周病のかた特有の臭いを残してしまうのです。また、歯周病だけでなく、朝起きたときの口のネバネバ感などもこのジンジバリス菌によるものと言われています。

歯周病予防に乳酸菌パワー

口内の悪玉菌を放っておくと歯周病によって歯が抜けるだけでなく、細菌が全身に巡りさまざまな悪影響をおよぼします。これらの毒素が血液に入り全身に運ばれることで肺や心臓などに入り込み、糖尿病や心筋梗塞などにつながるとういうデータも出ているので、口内の悪玉菌をできるだけ排除する努力が必要です。

口内の悪玉菌を排除するには善玉菌の増殖をするのが一番の解決策です。そして、善玉菌の代表と言えば乳酸菌。乳酸菌を増やすことで歯にとって悪影響を及ぼす細菌が減少するので歯周病を予防には乳酸菌が良いのです。

体の中から乳酸菌を増やすために日頃の食品やサプリメントなどからの摂取も大切ですし、乳酸菌配合の歯磨き粉などを積極的に使うのも歯周病予防にはおすすめです。

コメントは受け付けていません。